非公開求人がいい理由〜企業側

MENU

非公開求人がいい理由〜企業側

非公開求人というのは公開していない求人情報のことです。
なぜ公開しないかというと、その理由は企業側にあり、いくつもの理由があるからです。

 

1つは「競合相手に知られたくない求人だから」です。
新規参入分野などの求人を行う場合、公開して求人をおこなってしまうと、競合するライバル社にあっという間に知られてしまいます。

 

新規分野だけでなく、幹部などを募集することもあり、これらは会社の内情を広く一般の人に知られてしまうため、非公開求人という形で人材を募集するのです。

 

2つめは「限られた職種の人材をすぐに欲しい場合」です。
大手企業や人気のある職種の場合、公募してしまうと人気が殺到していい人材を捜し当てるために長い時間と労力が必要になります。

 

早くいい人材を募集するには非公開求人で迅速に対応したいのです。
3つめは「専門職、特殊な職種だから」という理由です。

 

広く公募するために膨大な求人広告を出すより、専門職に興味がある人だけに見てもらって人材を捜し当てるほうがコストダウンにもつながるからです。

 

このような企業側の考えで非公開求人というものが存在します。
いい人材を募集するには企業側も頭を悩ませ、時間と労力が必要になります。
非公開求人はいかに効率よくいい人材を補充するかということで考えられたとても効率のよい求人方法です。